永久脱毛は、基本的にどの部位で

永久脱毛は、基本的にどの部位でも対応可能ですが、まさかその部位が「指」にまでいくとは正直驚きです。しかし、元々男性の手に関心を持っている女性は多く、また、一般的に毛深いよりも薄い方が女性は好むという傾向もあります。女性にモテたいと願う毛深い男性は、ついに指先にまで永久脱毛を考えなくてはならないようです。ちなみに永久脱毛と言えば、男性が最もイメージするであろう部位である1つの「すね毛」は、女性にとっては「指の毛」と比べ全く気にならない部位だそうです。男性諸君、がんばりましょう。

女性が永久脱毛をする箇所は、普通に脇やすね・腕などではないかと思います。男性でも、もちろん脇やすねなどを永久脱毛する人はいますが、最も多くの男性が気にしている部分は、女性にはない「ヒゲ」だそうです。なぜヒゲなのでしょうか?もし、ヒゲを完全にムダ毛と考えるのであれば、特に目立つ部位である「顔」にあるものであるから、と考えることができます。大抵の普通に会社勤めをしている人であれば、毎朝ヒゲをしっかり剃ると思います。しかし、どんなに切れ味の良いカミソリや電気シェーバーを使っても、完全にヒゲを剃り切ることはできません。特にヒゲの濃い人は、剃ったあとでも青々しい感じでヒゲが残り、人によってはそれがコンプレックスとして残ってしまうこともあるそうです。

自宅で手軽に使える脱毛用のグッズは通販でも手軽に購入することができます。まずは「レーザー脱毛器」。レーザーがメラニン色素を持つ毛根に直接吸収され、反応することよって脱毛の効果を発揮します。内部からの脱毛ですから、伸びてくるまでには多少の時間、ツルツルお肌が維持できます。痛みも少なく、短時間で処理できるのが嬉しいです。使い続けることによって永久脱毛も可能です。他にも通販で購入できるものに「抑毛剤」があります。毛穴に浸透させ、発毛力を抑えてしまう薬です。ムダ毛が気になる部分だけに塗り込めばいいので、とても手軽です。これも使用を続けることによって、ムダ毛が抜けやすくなり、永久脱毛に近づくことができます。

一般的には、皮膚科や美容整形外科などの医療機関の医師でないと、そのレーザー脱毛機を扱うことができません。医師だけにしか扱えないようになっているのは、レーザー脱毛の場合、その性質を活かして毛根など毛の根源になっているものを破壊するわけですが、その際に熱が生じ、下手をすると火傷を負ってしまうことがあるからです。このようなレーザー脱毛ですが、家庭用のレーザー脱毛機は医師ではない人が扱っても安全なのでしょうか。家庭用のレーザー脱毛を使用して起きた発生したトラブルは、皮膚の火傷から深刻なものだと目に照射して失明というものまでありました。基本的には医療レーザーと同じような性質を持つものを扱うことになりますので、使用の際は十分注意しなければなりません。また、医療機関で行われるレーザー脱毛のような脱毛効果が期待できるのかどうかという点でも、永久脱毛までは至らないそうです。今のところ永久脱毛が実現できるのは、やはり医療機関で行われるレーザー脱毛などだけのようですので、脱毛機器や脱毛グッズを使う際は予め認識しておく必要があると思います。
ワード

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。